TOMOMO COFFEE

Beans Shop〜自家焙煎珈琲豆屋〜
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
OTHERS
コロン
 


ケニア、ジャングル農園のピーベリー(丸豆)。
コロンとしたその容姿からは想像できない、
しっかりとしたボディ。

4月より
ケニアの販売はこの農園に移行しております。

豊かなケニアの風味
ご賞味ください。

| コーヒーの話 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
見てみたい世界
 
 20100926

 26日(日)金沢大学コーヒー学入門 特別公開講座 の模様 ↑

 講義のテーマ「コーヒーの源流エチオピアとコーヒーの大河ブラジル」

 シンポジューム「日本人が求めるコーヒーの嗜好性」
 
 
 20100926

 生産国のスペシャル講演者

 エチオピア最大のコーヒー会社社長エレアナさんからは
 
 コーヒー発祥地とされるエチオピアの伝説から
 起源の根拠となるコーヒーの遺伝子と独特の文化
 エチオピアのコーヒーの栽培に適した気候風土
 コーヒーの豆知識など
 ただの商品としてのコーヒーという見方ではなく
 「文化」 「情報」 「生活の一部」 として
 珈琲の魅力を熱く熱く語って下さったことが印象的でした。

 またブラジルカップテイスターのシモサカさんからは

 ブラジルコーヒーの歴史背景
 国内で飲まれるコーヒー カフェ・ジーニョの話
 経済発展による国内外のコーヒー市場の変化
 広大な土地ブラジルの地域による香味の違いなど
 生産国そして消費大国になるブラジルの今の現状を
 現場の声で聞けたことは大変貴重でした。

 そして今日は昨日の公開講座にご参加されたご夫妻に
 ご来店して頂いたので
 講演についてまた語り合うことができました。
 
 こうしてお客様と珈琲談話を共有して
 当店の珈琲と一緒に楽しんで頂ける様に
 まだ見えていない珈琲の世界をこれからも
 追っかけていきたいと思います。

 
| コーヒーの話 | 21:08 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
温故知新
 
 蘭館

 1978年から受け継がれる珈琲道

 太宰府市五条にある 自家焙煎珈琲 蘭館さんに

 先日ひょっこり喫茶に行ってまいりました。

 マスター田原さんは九州初のコーヒー鑑定士の

 偉業をお持ちであり、

 珈琲に対する情熱が卓越している存在の方です。
 
 同級生であり同志ですが見習うべきことがたくさんあります。

 
 私にとって蘭館さんの珈琲は「珈琲の王道」です。

 お店の空間・雰囲気・カップ・珈琲の香味・サービス精神

 すべてが一日にしては成らず

 1978年からの受け継がれる歴史の重みと

 今現在も進化しつづける姿が珈琲一杯すべてに表現されています。
 
 ぜひ実際にお店に足を運ばれて

 五感で感じて頂きたい珈琲屋さんです。


 そして当店も一日一日歴史を刻めるよう

 珈琲道を磨いていきたいと思います。

| コーヒーの話 | 20:35 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
豆の状況報告

エチオピア(08−09)、
パナマの豆の
販売終了しました。

しばらくしてエチオピアは新豆が入荷予定。
パナマはまた来年〜。

イエメン(08−09)のモカを
どうぞ宜しくお願いします。

注文販売になりますが。。^^;


少量販売 期間限定コスタリカ(09−010)も残りわずかです。

20100907





さて少し風が強くなってきた北野町。
これから台風の進路は、
日本縦断するように報道されているようですが。。
進路先の皆様
どうぞお気をつけください!!






〜本日のコーヒー〜
グァテマラ(中深煎り)

サンタカタリーナ農園
アンティグア地区の優良農園。

華やかな酸としっかりしたコク



| コーヒーの話 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
新豆




コーヒー豆、
各国の新豆が続々と入荷しております。

実は、
当店では、
真夏の今が一番お豆の数が多い時期になります。

入荷するお豆によるのですが、
少量仕入れの豆もありますので、
そのお豆は、売切れ次第完売となります。

コスタリカが入り、
ケニアも到着。

もうすぐエチオピアも到着予定。

今年は、
新しい農園の豆になります。
収穫したばかりのお豆たちはどんなお味なのか。
是非新豆ご賞味ください。


さて、
今日で7月も終わり。
夏休みもあと1ヶ月ですね。
うなぎも食べたし、
あとは・・・・??(笑)


〜本日のコーヒー〜
ブラジル(中深煎り)

優良なセラード地域の農園。
コクがあり柔らかい口当たり。

| コーヒーの話 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
金沢大学コーヒー学入門 in FUKUOKA 
金沢大学 

 コーヒーマニアの方には必須!!の公開講座のお知らせです。

 なんと嬉しいことに福岡にて開催
 
 「金沢大学コーヒー学入門」特別公開講座(無料)
 (金沢大学にはコーヒー学科があるんです)

 日時 2010年9月26日(日)

 時間14時〜16時(受付13時30分)

 会場 NHK福岡放送局2Fハイビジョンホール

 講座テーマ「コーヒーの源流エチオピアと
         コーヒーの大河ブラジル」

 講演者: エチオピア エレアナ・ジョーガリス女史 
       ブラジル マルシア・ヨーコ・シモサカさん
       
 講演者のお名前を聞いただけで、
 世界を舞台にコーヒーで活躍されているすごいすごい方々なので
 生でお話しが聞けるとなると腰が抜けるおもいです。

 受講料は無料 美味しいコーヒー・サービス付
 (個人的には価格では語れない価値があると思います!)

 定員100名 しめきり9月15日(水) ただいま60名ほどですよ^^

 申込先
 往復はがきに住所・氏名・電話番号を明記のうえ
 〒810−0042 福岡市中央区赤坂2−6−27
  珈琲美々 「公開講座コーヒー学入門」係迄
   tel/fax 092−713−6024
 
 
 ということで9月26日(日)はとももこーひーは
 臨時休業させて頂きます。
 
 講演内容はお客様にもたっぷり還元できるように
 しっかり体感してまいりますね。

| コーヒーの話 | 16:29 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
カフェイン
うちにはよく妊婦さんもご来店されます。

カフェインのことを気にすると、
以前のようにはコーヒーを飲めなくなるけど、
飲まないと逆にそれがストレスになると。。
好きな方にとってはそうですよね〜。

↓妊婦さんとコーヒーの関係について
 http://coffee.ajca.or.jp/health/q06.html

今日も妊婦さんがご来店。

以前来られたときよりも、
少しお腹が大きくなられていて♪
元気な赤ちゃんが生まれますように〜。


〜本日のコーヒー〜

グァテマラ(中深煎り)

サン・ホセ・オカニャ農園

標高1,800〜1,850m
柑橘系の優しい香り
十分なコクと、明るい酸味


| コーヒーの話 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
ティピカ
 
 ティピカ

 コーヒーの種には

 コーヒーの三原種と言われる「アラビカ種・ロブスタ種・リベリカ種」があります。

 その3つの中で、個性が豊かで優れた高品質を持つアラビカ種。

 アラビカ種といっても70余りの品種があると言われているのですが

 今日オススメするのはアラビカ種の中でも

 貴重な在来種ティピカという品種。(画像の珈琲豆たち)

 
 
 分かりやすく上記をお米で例をあげると^^ 

 アラビカ種は日本米・タイ米・・
 
 ティピカはコシヒカリ・ヒノヒカリ・・とご想像を。


  
 品種が同じティピカでも栽培する国・土壌・環境・精製等で香味は違ってきます!

 生豆からも全く違うことがみえてきます。

 カップで飲んでみるとこれまた違いが分かります。

 こんな角度から珈琲の風味の違いを楽しまれるのも面白いですよ

 

 
| コーヒーの話 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
喫茶店

the earth




朝TVを見ていると、
今日はなんと喫茶店の日。

『あなたにとって、喫茶店といえば?』
というランキングの発表があっていたので、
興味津々見入ってしまいました。

クリームソーダに
インベーダーゲーム。
懐かしいですね。
そして、
一位が、コーヒーを飲んで大人の味を知った。(だったかな?こんなニュアンスということで)
と言うことでした。

面白かったです〜。


さて、ここで
コーヒーのお話しを。


喫茶店の始まりは、
明治21年(1888年)、東京上野の「可否茶館」。
コーヒー一杯、一銭五厘。
(当時のかけ蕎麦が八厘だった。)

「コーヒーを出す店」から、
「コーヒーメインの店」になって来るようになる頃、
喫茶店は、
社交場であり、
知識交換が行われる場所であったそうです。

そのため作家さんや演劇人などが集まる場所として人気だったとか。

昭和になり、ジャズ喫茶が生まれ、
今で言うバーやキャバクラに近い店も出てきたり。

そして第二次世界大戦。
戦時中は一旦コーヒー豆の輸入は途絶えますが、
代用コーヒーがあったそうです。

戦後はアメリカの影響を受け、
当時流行していた浅い淹れ方(今で言うアメリカン)が入り、
色々な形の喫茶店が増え。。。

平成になり、
大手コーヒー会社のチェーン系が増え現在に。


昔は、マスターを中心に、喫茶店内でも人間関係が出来上がっていましたが、
今は、店の形態も様変わりし、
コミュニケーションの場としての機能は失われつつあるような。。


なんて、
喫茶店の日にコーヒー小話でした。




〜本日のコーヒー〜
コロンビア(中深煎り)

オズワルド農園 品種ブルボン

心地良い酸味とバランスの良いコク。
4つの認証がついた、
サスティナブルコーヒーです。

| コーヒーの話 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
デキストリンって何だ??

先に言っておきますが、
コーヒー小ネタです。

缶コーヒー、しかもブラックでも、
【原料】が、
『コーヒー』のものと、
『コーヒー、香料』のものがあります。

当店は、
缶コーヒーに使用される豆ではなく、
アラビカ種オンリーですが、
缶コーヒーも飲まれる方は、
見つけてみられると面白いかもしれません^^♪


| コーヒーの話 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP